スパゲッティのソースが出来上がるまえに茹で上がるという痛恨のミス

昨日の夜、ランニングに行く際、猫にねだられて一緒に外に出ました。
その猫は抑えていなくても逃げ出さないので今はもう好きに外で過ごさせており、いつも通り地面に背中をすりつけてゴロゴロしていました。
正直その日の夕食は私がつくることになっていたので勘弁して欲しいと思いましたが、そんな大した時間を使うわけではないので思い直して暫く猫とのんびりします。
それからランニングを済まし、家に戻ったらキッチンで鍋に水を入れて火をかけ、すぐそばに父がいたので問題ないだろうとそのまま風呂に入りました。
あがったら別の鍋に切ったニンニクとオリーブオイルと入れてじっくり炒めます。
その間にスパゲッティを茹でるのですが、なんとソースができる前に茹で上がってしまい痛恨のミスです。
急いで鷹の爪、キャベツ、玉ねぎを炒め、スパゲッティの茹で汁を入れて煮込み、それから火を止めて麺を少しずつソースの鍋に移して行きました。
ソースの味を見ると薄く物足りなく、醤油で調節することにしたのですが、なぜか敗北感を得て少し落ち込みました。脱毛ラボ カウンセリング予約