春の兆しも三寒四温融けては降りの繰り返し。

北海道も2月の大寒波で、春の訪れが遠いのかと思われましたが、その後の高温で、雪解けは進み、春の兆しが、と思われましたが、春は三寒四温というように、一気に春にはなりませんね、溶けては降りの繰り返しをしながらも、確実に雪は減り、春は近づいているのです、本州から聞こえる春の便りが、津軽海峡を渡り、私たちのところまで来るのには、あとひと月の時がかかるのです、桜の開花と共に春が乙津れるのですが、桜よりも先に、雪の解けたところから、福寿草の花が咲き、水仙が先、クロッカスの紫が、春の訪れを教えてくれるのです、そして、長かった白の世界から、カラフルな花々が咲き乱れる最高の季節を迎えるのです。長く、耐えてきた道民は、冬の辛さを忘れ、希望の季節を向かへ、作物が育ち、収穫されて、そんなサイクルを眺めながら、今は、雪解けの遅い山を眺めながら、山菜取りの夢を見ているのです、冬の間我慢をしていたものから、一気に解放されるのです。アコム お金 借り方