「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン7第23話を見て

アメリカドラマ「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン7の第23話をDVDで見ました。

シーズン最終話なのでどんなストーリーが来るのか、期待しながら見始めました。始めは通常通りの事件捜査かのように思われたのですが、キャッスルが11歳の頃に体験した経験につながる話になっていき、とても興味深かったです。

確かに以前キャッスルが失踪した事件に関しては解決済みですが、この少年時代の体験については語られないままでしたね。こんな気味の悪い出来事があったこともショックですが、それでも日常が続くうちに「あれは夢か妄想だったのではなかろうか」と思えてくる気持ちもわからなくはないです。特にキャッスルはきっと普通の人よりも想像力や感性が豊かでしょうし、この一件があったからこそミステリー作家として成功できた今があるのかもしれません。

30年も前から罪を犯し続けてきた人物がのうのうと社会生活を送り続け、ようやく捕まったというのはすごい話ですね。キャッスルも子どもの頃から抱えてきたもやもやした気持ちが、少しはすっきりしたのではないでしょうか。次回はベケットがどんな出世を遂げているのか、今から楽しみです。キャッシング スマホ完結

プロテスタントとカトリックの違いについて少し見てみましょう

どうも、キリスト教タイムズ第一回目にようこそ。初回は、ある違いについて話したいと思います。
私の友達A子ちゃんは、先週の日曜日教会に行き、牧師さんと30分喋る時間があったみたいなんです。彼女は私と同じでプロテスタントに属する女の子なんですが、彼女の牧師に対しての質問は「プロテスタントとカトリックは二つともキリスト教という事は知っているけど、両者は何が違うんですか?」というものです。

日本には全国にプロテスタントとカトリックを合わせた場合、8000以上の教会がありますが、日本は宗教がない国なのであまり知られていませんね。

全員ではありませんが一部のそれ関連の宗教人はお互い対立しやすいですね。喧嘩しやすい、とまでは言いたくありませんが、深く考えた時に両宗派は異なる思想や理念があります。

プロテスタント者はカトリック者の事が変だと思っている事も可能性的にあります。それと逆にカトリック者はプロテスタント者はどうもおかしいと考えている可能性はあります。私は実際、可能性ではなく、そうだと思いますけど。対立が起こらないように、少し誤魔化し気味で書いています。

その理由にプロテスタントは常に神様中心で語っている事が多く、カトリックは神様ではなく人間である神父さんが中心になって説教をしている時が多いです。

人間には欲がありますので、神父さんが中心に教会の説教時間が循環しますと、カトリック者は願い事が叶う事を向上するため、または罪を許してもらうためにお金の寄付を間接的に強要されている事を聞きます。また聖書に書かれていない神概念や、そこには一切登場しない天国と地獄の間の別時限的世界が存在するということも信じているみたいです。

プロテスタント者は、そのカトリックの(間違った)考え方を protest、つまり抗議するためにプロテスタントという宗派が生まれました。
ほとんどのプロテスタント者はカトリック者も人間で、おんなじ神様の子供、または兄弟姉妹と考えていますので、尊敬にして良い関係を築きたいと思っています。しかしながら、大きく分かれた他宗派は通常受け入れる事が出来ないと思います。

プロテスタント者や牧師は、お金を一人の願い事のために通常費やさず、一人一人を兄弟姉妹のように大切に重要な存在と思っています。ですが、決して甘えさせるという意味ではなく、一人一人と良い関係を築く事によって神様との関係も築けると信じているからです。プロテスタント的理念は常に、100%ホーリーな神様が中心ですね。なので、私の知り合いで、ひざが痛いという方がいましたら、その人のひざにそっと手を置き、お祈りをします。それはつまり、神様との会話をしながら、その方に対しての治療を促進させます。全てを造って下さった創造主神様と、神様を繋げてくれるイエス様は最強で、薬の源です。信じたり、信仰生活がもっとあれば、治る事でしょう。

人それぞれの宗教的考え方は、間違っているか当たっているかは分かりません。私達が決める事ではなく、神様が決める事ですので。地球が滅亡する、その日に分かるでしょう。

さて、私の友達のA子ちゃんの質問内容の答えに答えましたでしょうか?

次回の宗教タイムズ第二回目は、どのように見えない神様を信じるようになったの?
先程も言いましたが、日本は宗教がない国です。この国は、テクノロジーの最先端で、お金があればなんでも手に入っちゃったり、他国と比較すると季節も良いです。それにテロや食事制限を考えた時、おそらか一般的な日本人はいろんなネガティブな固定概念があり、宗教怖いなって、(唯)神様信じる?なにいっとんねんこいつは、ってなりますよね。いるかいないか、わーしゃ わっかんねーべっていう方もいると思います。ですが、北米南米大陸、ヨーロッパに行くと宗教がものすごく際立って存在しており、それが彼らの生活と深く関わってある。日本人クリスチャンの私からすぐに話すのではなく、例えば、カナダで西欧文化を持っている居住者達のそれ関連についていろいろ語りたいと思います。なぜ彼らは本気で神様を信じるのか…それでは次回にまたお会いしましょう。脱毛ラボ vio 効果